ABOUT

自動車リサイクル事業

自動車
 リサイクル事業

2005年より施行されている自動車リサイクル法に基づき、使用済み自動車の適切な廃棄処分を行うとともに、再利用可能な部品、リサイクルできる金属資源等を効率的に取り上げることで、最終廃棄物を減らすことに努めています。使用済み自動車の適正処理と再資源化で「循環型社会」の構築を目指しています。

リサイクルの流れ リサイクルの流れ
  • 減量
  • 再使用
  • 再生

自動車部品の販売(海外・国内)

3Rは一部のエアバッグ関連部品(SRS部品)以外の、ほぼすべての再利用可能な部品を取り出しリユース部品として販売しています。車種、品質によって海外向け、国内向けそれぞれのお客様のニーズにあったリユース部品を提供しています。

海外への販売

年間約130万台の中古車が途上国を中心に輸出され、日本の中古車は海外で大量に走っています。3Rでは海外のお客様へもリユース部品の販売を行っています。現地では部品の調達が困難な場合もあり、日本では乗らなくなったようなモデルの部品でも、まだまだ需要のある部品です。

海外へのコンテナ輸出

3Rは20か国を超える地域に向けてリユース部品をコンテナ輸出しています。輸出する部品の生産、荷積み、通関処理、シッピングまでワンストップで対応できる点が強みです。

国内での販売

環境への配慮、コストの視点から日本においても最近では自動車整備、修理の際にリユース部品の利用を検討するお客様が増えています。新品部品とリユース部品の比較検討になる場合が多いため、リユース部品であっても品質、性能の要求は高く、高品質なリユース部品を提供しています。

国内向け高品質なリユース部品の販売

3RはNGP日本自動車リサイクル事業協同組合に加入しており、同組合の厳正な品質・機能検査に合格したリユース部品を整備工場、ディーラー様などに販売しています。

Car to Carリサイクル

使用済み自動車からリサイクル可能な鉄、非鉄金属類を取り出し、再び自動車用鋼材へと戻す水平リサイクルに取り組んでいます。精度の高い金属取り出し技術、全部利用によるASRの削減に取り組むことで、品位を落として利用するカスケードリサイクルからより品位の高い製品を作るアップグレードリサイクルへと資源循環を促進しています。

廃車自動車のご相談

個人のお客様も大歓迎

私たち3Rは再利用できそうな部品の数と再生利用できそうな金属の量、つまりリユース・リサイクル価値でお客様のお車を評価します。長年連れ添ったお客様の愛車だからこそ適切なお値段でお引き取りしています。